犬を叱った後

犬を叱った後について、お悩みのあなたへ!hu225

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

犬を叱った後1

犬を叱る飼い主

先日散歩途中の飼い主が、犬がいうことを聞かないということで、叱りながら犬を叩いているお母さんらしき飼い主がいた。道端で「なんでいうことを聞かないの、ダメだといったでしょ」パチン、という感じで叩いていた。みた感じ子犬だったが、なんで叩かれたのかわからないままに、子犬は神妙な顔をしていた。
もしかしたら、このお母さんは自分の子供にもこうやって叱っているのかもしれないと思った。

犬を叱った後2

脳の構造

犬は叩かれても反省はしません。怖いとは感じても、自分が悪いことをしたから叩かれてたのだとは思わない。そもそも犬はそんなことを思うような脳の構造になっていないのだ。

犬を叱った後3

叱り方

ではどのような叱り方がいいのか。まず短い言葉で、やってはいけないことをするのをやめさせる。「いけない」というような一言でいい。犬はなんでも噛みたがる。だから噛んではいけないものを噛んだら「いけない」と強い口調で言ってやめさせるのだ。おそらく犬はこれで叱られたと思ってやめるだろう。そうしたら今度はそのことをほめてあげるのだ。「よしいい子だ」でも「えらいぞ」でも言葉はなんでもいい。頭をなでながら、もう怒っていないことが犬に伝わればいい。これで犬は安心する。
要するに、短い言葉で叱り、時間をかけてほめてあげる。これが犬を叱るコツだ。まさにこれは人を叱るときも同じことだ。

犬を叱った後4

結論

要するに犬を叱った後悩むのであれば、その前に犬に対し愛情を注いでいるかが問題だ。強い口調で犬の頭をたたいたところで犬は、理解できない構造もわかったはず。であるならば、愛情も注げていないのにただ叱るだけでは、犬もかわいそうである。人間も言葉の通じない赤ちゃんに対して、お母さんが話しかけながら愛情を注ぎこんでいる。犬も同じであり、だから叱った後に飼い主が悩むことはおかしいのであると思う。

犬の首輪ハーネス専門ショップHundAフントア

関連リンク ボーダー首輪ハーネス

Copyright 犬を叱った後 サイト All Rights Reserved.